ひなはづチャンネルの楽屋

ひなはづの父【スプレム】が待機中です。

2019年1月富山出張 備忘録

1月15-16日で富山に出張に行ってきました。

仕事の合間や会食時にスマホで撮影したものをツイートしていましたので、備忘録として記事にしました。

買って帰ったお土産を食べてみた動画もyoutubeにUPしていますので、是非こちらもご覧ください↓

youtu.be

 

ブラックラーメンのインパクトが強すぎて、ブラック的な要素が濃い紹介記事になりそうですが(ちょっと何書いてるのか自分でもわかんないですが)しっかり富山を紹介していきます。

 

 1日目の夕方、予定よりも早く仕事が終わったので、取引先の方が「スタバ行きましょう」と連れて行ってくれたのがココ。「日本一で有名なスタバ…って言って、いろんな方に案内しますが、大したモンじゃありませんw」と言ってたけど、スタバ関係者に怒られますよw

運河(今は機能していない??)に面したところに立地して、店舗の佇まいは確かに日本一と言えます。お客さんが少し多かったのと、そのために座席数を無理やり確保しようとしているからか、ゆったりとお茶できる雰囲気ではなかったです。

 

夜の会食時、いくらかお酒を飲んだ後にソフトドリンクメニューから見つけたのが富山ブラックサイダー。上述の取引先の方が「コーラをブラックサイダーって呼んでるだけじゃないですかね?」と言い、試しに注文して飲んでみると確かにコーラのような味がした。「一口飲ませてください」と取引先が言ってきたので飲んでもらうと、「コーラですよねw?」との評価。

しかし翌朝、このツイートにふぁぼが付いていたのでその相手を見ると、飲料メーカー「トンボ飲料」さんだったので驚愕っ((((;゚Д゚)))) なんとブラックサイダーはトンボ飲料さんが製造されているドリンクで、ブラックラーメンをイメージし醤油のフレーバーなどで味付けされているものでした。

トンボ飲料さんスミマセン。酒が入っていて味覚がボケていましたm(__)m

ベロベロ に酔っていたわけじゃないので、ちゃんと美味しく飲めてたと思います。風味はもしかしたらグラスで出てきたから薄く感じたのかなぁ。普通にコーラのような美味しい炭酸飲料という感想です。

 

 2日目の昼食に、これまた取引先担当者に案内されたのが、富山ブラックラーメンの元祖と呼ばれる大喜というお店。炭鉱夫のために「白いご飯のおかずになるようなラーメン」として考案されたのが発祥だとか。

味の感想はというと、どストレートの醤油味で他に例えようがありませんw 確かに白いご飯が欲しくなるド濃味スープで、その味付けに合わせての中太麺でした。生卵をトッピングすればマイルドになって食べやすくなるのでしょうけど、私は生卵が苦手なのでそのまま頂きました。親に「出された食事は残さず、スープまで頂くのが礼儀」と育てられましたが、ブラックラーメンのスープは飲み干せませんでした。スミマセンm(__)m

 

 

ブラックに押され気味ですが、食事で頂いた富山湾で水揚げされる魚は特に美味しいです。富山市内のスナックのママさんも「富山湾が自慢」と言われてました。他県の人間からしても十分自慢していいと思います。それくらい海の幸が美味い!

 

あと自然といえばそびえる立山連峰がダイナミックです。地元の方々は見慣れているかもしれないですが、同じ日本海側である山陰の山々と比べると迫力が違いますね。

一瞬だけ見えた夕日でピンク色に染まる立山はきれいでした。富山市内の車中からでチラっとしか見えなくて、写真に撮れなかったのが残念です。冬の間はやはり曇天が多いため、夕日もなかなか見れないらしいです。出張時も一瞬夕日に染まっただけでした。いやぁ惜しいっ

 

 

滞在時間にして1日程度の短い出張でしたが、美味しいものと美しい景観に出会えて良かったと思える富山出張でした。

次はプライベートで石川県の温泉に絡めるなどして行きたいですね!