ひなはづチャンネルの楽屋

ひなはづの父【スプレム】が待機中です。

豪雨災害についてダラダラ書く④

やってしまった。ホントの意味で毎日更新を途絶えさせてしまった。。。

昨夜は布団に入って即寝でした。断水もなく整った環境に住んでいますが、疲れは溜まってましたね。

先週末は避難し、休日ながら豪雨災害の情報を集め社員の安否確認をし、月曜からは限られた人数で業務し、出勤時には毎日約250リットルの水を同僚のために運ぶ…。そりゃ疲れる。

 

○水のありがたさ

通勤時のラジオから、ACジャパンの「学校に行けず、生活のために水を汲みに行く子どもたちを世界から救おう」というCMが流れるのを聴くと複雑な気持ちになります。日本は恵まれてると思いますが、今回の豪雨災害で水を使えない人は困っている、、、

 

様々な取引先から、水の支援が届いています。ホントありがたいです。

しかし、届けてくれた運送会社のドライバーは「水を届けるのがしんどい」とボヤいてました。そりゃそうです。水はかなり重量があります。最寄りの運送会社営業所に状況を問い合わせしてみますが、昨日は貨物取扱量が通常の2倍とか。交通インフラが破壊されたところに支援物資の運搬が加わると、運送会社もキツイでしょう。

 

「水さえあれば」と誰もがいいます。今回の一件で水のありがたみがものすごく感じられます。

ポンプ場の復旧が16日が目処との話でしたが、水が思った以上に濁っていることから、浄水場のろ過機能の差で給水可能になる時差が地域によって出るとの話が出ました。

元の生活に戻れるのはまだ先の話ですね。