ひなはづチャンネルの楽屋

ひなはづの父【スプレム】が待機中です。

3/19放送「プロフェッショナル」を見た感想

youtubeで収益を得ようと目指しているため「これは見ないとダメだろ!」と思い、珍しくテレビ番組を視聴したのが、今日放送だったNHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」です。

ひなはづはこの放送時間帯では、ほぼ毎日youtubeを見ているのですが、「今日テレビでHIKAKINが出るけど見る?」って聞くと、「えっ 見る見るー」と言って食いつきましたw

今回の番組テーマは「新しい仕事」ということで、youtuber・プロゲーマー・データサイエンティストが紹介されました。

youtuber代表はHIKAKINさんで、プロゲーマーはゲームをかじった人間なら一度は聞いたことあるだろう梅原大吾さんという、まぁ私の視聴意欲にどストライクな人達の紹介だったので、子ども達よりも食いついてみましたw

 

プロ意識とは

本日番組で紹介された3方に共通してると感じたのは【顧客を常に意識していること】だと思いました。HIKAKINさんは視聴者、梅原さんは観客、データサイエンティストの河原さんはユーザーのことを常に考えておられる。

これまでもプロフェッショナルの方もそうだと思いますが、顧客ファーストな姿勢がプロ意識として大事というのが、一流の人たちの流儀なのでしょう。

顧客のために自分を磨き、必要あれば自分を変えることをする。全ては顧客の満足のため。

これは企業に勤めるサラリーマンでも、その傍らyoutubeに動画上げたり、ブログ書いたりしている人でも同じことが言えますね。

 

エンターテイナーなら自分も楽しむべき

HIKAKINさんと梅原さんに共通するのはある意味“エンターテイナー”である点です。

動画もゲームも、観客を楽しませることが目的になるのはほぼ間違いないでしょう。

そのお2方が番組中で、表現こそ違えど「自分が楽しむ必要がある」ということを言われていました。「自分が楽しんでなければ、観客が楽しんでもらえるわけがない」ということです。

これはyoutube上げてる私にも理解できるところがあります。ひなはづが楽しめていなかった撮影は、編集前にボツにしたことがあります。

youtuberの中には、炎上上等な内容で再生数を伸ばそうとする人も中にはいますが、エンターテイメントであるわけですから、見ていて楽しんでもらえる内容にするのが王道でしょうね。HIKAKINさんの動画はヘイトを集める内容はゼロですから。王道の中の王道を走られてますよ。

私自身も楽しみながら、今後の撮影や編集に取り組んでいきたいと思いました(`・ω・´)

 

3人の「プロフェッショナルとは…」

梅原さんは「感謝の気持ち~行動で示す」、河原さんは「素直な心~自分を正し、良くする」、HIKAKINさんは「継続」がプロフェッショナル(の条件)とおっしゃられていました。今後も走り続けなければならない業界の方からの言葉なので、重みを感じますね。ごくごく当たり前ですが、実社会ではこれができている人が少ないと思います。(私もできてはいませんがorz) 

これらの言葉を、仕事の心構えにするよう心に刻むことにします。

 

 

…というわけで、今の自分にとても為になる内容でした!

見ていない方は、3月23日(金)午前0時10分~1時23分に再放送の予定ですので、ぜひご視聴されてはいかがでしょうか。

 

 ↓HIKAKINさんが使っているというカメラはコチラ

↓アーケードと同じプレイングを望む方へ