ひなはづチャンネルの楽屋

ひなはづの父【スプレム】が待機中です。

豪雨災害についてダラダラ書く⑤

断水からの復旧が始まった3連休、中日の日曜日の時点で会社に水を取りに来た同僚は少数で、連休最終日の今日は給水作業をしませんでした。明日の出社でどれだけ給水地域が拡大されたか、確認が楽しみです。

 

関連記事はコチラ↓

豪雨災害についてダラダラ書く④ - ひなはづチャンネルの楽屋

豪雨災害についてダラダラ書く③ - ひなはづチャンネルの楽屋

豪雨災害についてダラダラ書く② - ひなはづチャンネルの楽屋

豪雨災害についてダラダラ書く - ひなはづチャンネルの楽屋

 

 

〇水のありがたみ

昨日まで、会社の出勤時に200~250リットルの水を毎日、断水で水の出ない同僚のために運んでいました。

 

↑このようなコンテナが会社にはいくつもあって、これに容量90リットルのポリ袋を掛けて水を入れて車で運びました。大体1コンテナで40リットルは入ります。

自宅はアパートで屋外に水道がないため、「浴室で給水し車まで運ぶ」を1日5回、妻の手を借りながらやりましたが、まあ腰が痛いのなんのorz

会社でも出荷業務では重たい荷物を運んだりするのも相まって、ホント体力を消耗しました。寝ても寝ても足りないくらい疲労が溜まってる状態が続いています。(豪雨後の異常な暑さとエアコンの温度差が体に与える影響も大きいでしょう)

 

同僚が断水していて心の中に遠慮も生じてか、水の使い方も変化が出ました。食器洗い、入浴、トイレの水洗、洗顔や歯磨きで節水を心がけるようになりました。

タダみたいに使えるのが当たり前だった水が、使えなくなる時があるわけです。そりゃ心構えも変わります。水のありがたみが心底感じられました。

また、私の体力の無さも痛感したわけで、肝心な時に体が動かないのは困るので、ひなこの空手の鍛錬に付き合う形で筋トレでも始めようと思いますw

 

 

〇土砂崩れの跡がえげつない

今日はひなこの空手の昇級審査で、広島市内に向かいました。7/14に山陽自動車道の広島-河内間が通行できるようになったので、なんとか通常の移動時間で広島に向かうことができました。

路面は土砂崩れが流入した後があり、走行できるようにきれいに片付けられていました。が、中央分離帯や路肩には土砂が少し残っていたり、トンネルの中も泥だらけの所がありました。

f:id:splem:20180716213634p:plain

↑こんな感じで歩道上になっている所、車道よりも人の肩くらいの高さがあるのですが、その歩道まで土砂が残っている区間がありました。掃除して歩道に土砂を上げたのか、その高さまで土石流が流れ込んだのか…。

 

山陽自動車道は、山に挟まれた区間が多い道路です。行き帰りで山の斜面を見ると、土砂崩れが起こった箇所が両手では数えられないほどありました。木々は土砂と共に流されており、側道のフェンスをぶち破っていた後や、無残にも土砂に潰された会社も確認できました。

 

これらの光景は、自分の間近で起こると逃げ切れないという想像が容易でした。

7/7の夜に出た避難指示に私達家族は従いました。幸いにも住んでいる地域に何も影響はありませんでしたが、何もなかったからよかっただけで、もし避難せず土石流が来ていた場合は間違いなく流されていたでしょう。。。

災害後の衛星写真からの解析では、土砂崩れの発生リスクの想定をはるかに上回る箇所で土砂崩れが発生したそうです。テレビの情報やスマホからの緊急警報で、いち早く避難に備えることの重要性が分かりました。

 

 

断水によって、何よりも大事だと思った水。

土砂災害によって、何もかも流してしまう水。

今回の一件はホント、いろんなことを考えさせられます。

<UP>マジマジョピュアーズ!「マジョカポルテDX」で遊んだよ!

動画「 マジマジョピュアーズ!「マジョカポルテDX」で遊んだよ!」を公開しました! 

 

youtu.be

 

 

ひなはづはマジマジョピュアーズをyoutubeで知りました。テレビ放映は 広島でやってるの?

そんな認知度なのにも関わらず、叔母(私の義理の妹)が「入学・入園祝いがまだだからおもちゃを買ってあげる!」と言われ、はづきは何故かマジマジョの変身アイテムを買いましたw わかってんのかなぁ・・・

 

ひなはづチャンネルでははづきのソロ動画第2弾となります。ハプニング(?)続出の「遊んでみた」動画です。はづきの表情を見て笑った方はGoodボタンお願いしますw

 

ぜひご視聴・高評価、よろしくお願いします!

チャンネル登録お願いしますm(__)m
www.youtube.com

 

 

 

 

芋は元気です

下の写真は7月7日の夕刻、西日本豪雨災害の前夜というべき時間帯のサツマイモ畑です。

f:id:splem:20180714174309j:plain

水浸し!

畑の土は非常に水はけが良い土質なのですが、この花壇の構造的に水はけが悪いことが分かりました。畝の分だけ根腐れはしにくいと思うのですが、芋ができてくる時期に大雨が来ると気になりますね。(というか、大雨はもう勘弁してほしい)

 

 

今週はホント大変でした。通勤できる同僚は限りある中、引っ切り無しにかかる電話の対応に追われ、仕事の合間に流入してきた土砂を撤去し…と、芋畑の様子を確認する気もなかなか起きませんでした。

 

そして金曜日、断水が続く中でも職場復帰する同僚も増え、飲料水をはじめとして商品棚がガランとしていた地域のスーパー・コンビニにも少しずつ商品が増えてきた昨日、久しぶりに芋畑の様子を見ると…

 

f:id:splem:20180714175143j:plain

ワッサァァァァァァァァァァ

 

さすがの生命力!水をやらなくても丈夫ですねぇ。

とはいえ連日猛暑が続いていたので、給水部隊が汲んできた井戸水を使わせていただきました。

 

今日土曜日は社休日ですが、断水が続く地域に住む同僚のために、会社待ち合わせで水を運びました。午後は久しぶりにゆっくり過ごすことができました。体力・気力が充実していれば家族サービスなりボランティアなりできるのですが、これがなかなか。。。

芋のように逞しくなりたい。…と思った今日この頃です。

豪雨災害についてダラダラ書く④

やってしまった。ホントの意味で毎日更新を途絶えさせてしまった。。。

昨夜は布団に入って即寝でした。断水もなく整った環境に住んでいますが、疲れは溜まってましたね。

先週末は避難し、休日ながら豪雨災害の情報を集め社員の安否確認をし、月曜からは限られた人数で業務し、出勤時には毎日約250リットルの水を同僚のために運ぶ…。そりゃ疲れる。

 

○水のありがたさ

通勤時のラジオから、ACジャパンの「学校に行けず、生活のために水を汲みに行く子どもたちを世界から救おう」というCMが流れるのを聴くと複雑な気持ちになります。日本は恵まれてると思いますが、今回の豪雨災害で水を使えない人は困っている、、、

 

様々な取引先から、水の支援が届いています。ホントありがたいです。

しかし、届けてくれた運送会社のドライバーは「水を届けるのがしんどい」とボヤいてました。そりゃそうです。水はかなり重量があります。最寄りの運送会社営業所に状況を問い合わせしてみますが、昨日は貨物取扱量が通常の2倍とか。交通インフラが破壊されたところに支援物資の運搬が加わると、運送会社もキツイでしょう。

 

「水さえあれば」と誰もがいいます。今回の一件で水のありがたみがものすごく感じられます。

ポンプ場の復旧が16日が目処との話でしたが、水が思った以上に濁っていることから、浄水場のろ過機能の差で給水可能になる時差が地域によって出るとの話が出ました。

元の生活に戻れるのはまだ先の話ですね。

豪雨災害についてダラダラ書く③

三原・尾道ではまだ断水が続いています。そんな中、今日は同じ部署の三原に住んでいる同僚が仕事に出てくれました。

とんでもない状況なのにありがたい。職場は月曜日から出荷を停止しており、本日3日分の荷物を出荷しようとしていたのですが、私だけでは間に合いませんでした。

明日は、彼女ともう一人の同僚に、水の出る我が家で入浴と洗濯を提供する予定です。これくらいのフォローしかできませんが、少しでも役に立てれたらいいです。

 

↓先日までの記事はコチラ

豪雨災害についてダラダラ書く - ひなはづチャンネルの楽屋

豪雨災害についてダラダラ書く② - ひなはづチャンネルの楽屋

 

さすがに私も疲れが溜まってきてるので今日は少しだけ書きます。

 

〇企業間では自社のことしか考えない商談もある。

月曜日のことです。一部社員のみ出荷し、業務を停止せざるを得ない通知を会社のホームページやFAXで行いました。週末の豪雨明けの初日、ほぼそれしかできない状況でした。

夕方5時過ぎ、断水の影響を受けている上司も早めに帰宅し、水の出る地域から出社したものだけ残っていてそろそろ帰ろうかとしていた時に、とある取引先から電話が入ってきました。

 

業務休止案内の窓口は"私"にしていたため、電話は私宛でした。

相手「すみません。ちょっとお伺いするのですが。」

…別にこの切り出しはいいのですが、、、こういう時って「従業員の方や建物の状況はいかがですか?」とか、社交辞令でも問われてくるのがほとんどなのに、いきなり本題に入る点にちょっと無神経さを感じました。ま、ビジネスシーンなので温和に対応しました。

相手「御社製品<A>の代替品をご紹介して頂きたいのですが」

私「え、あ、えーっと、、、(1秒間)」

 

ちょっと何を言っているのかわからない(-_-;)

当社が災害の影響を受け、出荷や製造ができない通知は確かにしました。倉庫に在庫がある限りは出せるが、<A>に似通ったグレードもあるけど使い勝手が変わるので、完全に代替できるグレードは我が社にはない。ということはもしかして、、、

 

私「ご質問されている意味は、弊社の<A>の代替えとなる、つまり他社の競合製品を紹介して欲しいと、そういうことでしょうか?」

相手「はい(即答)」

私「・・・(1秒間)」

 

こちらは水が出ないことにより、製造することができないため、復旧すれば取り戻すためにいつもより多く労力を注ぐこむことが必要になると予想されます。この取引先、熊本の企業でした。熊本地震の時はこの会社も、それは大変なダメージを受けたと聞いています。ある意味「痛み」を知っている人が、「もうお前のモノいらねーから」みたいなことが言えるのでしょうか。。。 言葉に詰まります。

 

私「私は商品に詳しい人間ではないので、後日改めて営業の者よりご返答させて頂きます。状況が状況ですので回答にお時間頂くかもしれませんのでご了承ください。」

ま、ビジネスシーンですので波風立てないような対応をしました。

 

営業担当の上司にそのことを報告すると「そいつに逢ったことあるけど異常。『商品が届かないならアナタが持ってきてください』くらい何食わぬ顔で言ってくる。相手にしなくていい」とのことでした。うーん、やっぱりというか。。。

 

それだけでは終わりませんでした。

今日は別の商社を介してその熊本の会社からの依頼ということで、『<A>の代替品となる素材を紹介と、そのサンプルが欲しい』と我が社まで問い合わせが入りました。

もう呆れて笑うしかありませんでしたw

 

 

この人の行動は否定できません。それは自分の勤め先の顧客に対して供給を保証する立場にある訳ですから、調達できなくなりそうな原料があるなら、それの補填を用意しとく必要はありません。

たが、問い方・やり方は認めたくありません。少なくとも『痛み』を経験した人が、他人も「痛い思いをすればよい」と受け取ってしまうような行動・言動はすることは、私は認めたくない。

この件はビジネスですので、ビジネスライクに処理していきます。

 

それとは一線隔して援助・支援は【困った時はお互い様】精神でできる限りのことはやっていきたいです。明日も会社に水を運びます(`・ω・´)ゞ

豪雨災害についてダラダラ書く②

昨日から続いて、現在置かれている状況から思ったこと、出来事などを書きます。

↓昨日の記事

豪雨災害についてダラダラ書く - ひなはづチャンネルの楽屋

 

①人はパワー

 上層部からの要請もあったからですが、月曜日の自宅待機から一転、本日は出勤できる者が出勤してくれました。広島県三原市尾道市は今も断水が続いています。当社はそこに住んでいる者の割合が多いため、実際は生活もままならない人が多いのです。

そんななか大半が出社してくれました。非常にありがたい。昨日のわずかな人数では電話対応ばかりに追われ、時間さえあればできる"出荷"業務について全くさわれる状態ではなかったのですが、今日は人の数が増えたことで電話応対が軽減されたこともあり、明日の出荷業務再開の準備が進みました。(とは言っても、出荷業務の大半が残ったままなので明日は早出しようと思ってます)

人的余力があるおかげで、水が出る福山市在住者の水のピストン輸送の補強もできました。通称「ミカン箱」のプラスチックコンテナにポリ袋を入れて、水を入れると40ℓほど入れることができます。昨夜は私含めて福山在住の者が手分けをし、水を溜め、会社に持ってきました。断水している地域の同僚は喜んで持って帰りました。最低1コンテナ、余れば2コンテナ持って帰ることができるので、多少の生活用水のフォローにはなるでしょう。心苦しいですが、会社が所在する地域までのフォローするまでの余力はありません。せめて同僚だけでも負担を軽減させることで、世の中への貢献に繋がれば…と思っております。

人の数が増えてできることも増えましたが、そこにいることの心強さが芽生えることで、多くの業務が積みあがっていてもやる気が出てくるものです。本来ならば、断水地区の同僚には生活重視でいてもらい、被害がないところに住んでいる私が奮起しなければならないのですが、、、

そんなわけで、人はその存在だけで"パワー"ですよ。

 

QOLが下がれば、性格的な面を増幅させる

断水により飲料水も、トイレを流す水も、洗濯も、入浴もできない状況にいれば、精神的ダメージは大きいです。同じ部署の同僚は三原市で断水の影響が直撃で、体調が思わしくない状況です。彼女には自宅待機してもらっています。

そんな極限状態に近くなると、不満を多く発するようになるのは仕方ないと思います。当然怒りっぽい人は怒りっぽくなるわけです。

で、今日気づいたのは、お世辞にも日頃からやる気のない同僚がいるのですが、彼もまた三原に住んでいるものでつらい状況にありますが、出社したもののやる気の無さが輪をかけているのです。

他の者は電話応対で必死に状況説明をしているのですが、どのような状態かを周りに聞くこともなく、いい加減な回答を顧客にしたりしました。

仕方ないとは思うのですが、負の影響もまた輪が広がるモノです。これらを見極めて、出勤を交代制にするとかで上に配慮してもらいたいものですが、、、なかなか組織というのは上手くいかないものです。

 

③土砂の撤去作業が不十分

同僚の中には、自宅の背後に山があり、この度の豪雨で土砂崩れにあったものがいます。状況を聞くと、家屋には土砂が到達していないが、近隣の川の増水による床下浸水と相まって敷地は散々の状況です。

本日は出社した人間も多く、午後には手が空いてきた人間も出てきたこともあり、彼の所属長が「手が空いた人間で土砂の撤去手伝いに行くか!」と、気持ちの良い発破が掛けられました。

しかし、被災した同僚から聞く状況は「重機でなければ対応できない」、「人力でできることがない」、「業者や市に連絡しているが、"来る"と言ってこなかった」ということでした。

 

また、会社近隣の住民の方が訊ねてこられ、「スコップがあれば貸してほしい」と要望されました。会社付近も土砂が流入してきており、主要道路面は徐々に撤去されているのですが、私道や歩道などは砂利が残ったままでいます。行政や業者は対応に追われているので頼むところもなく、このような作業用品もホームセンターから無くなっている状況です。自分達で何とかしようと思っても道具がないので、道具を持っていそうな企業をあたってこられたのでしょう。

快くスコップとジョレンをお貸ししました。今はこれくらいの地域貢献しかできませんが、少しでもお役に立てれたらと思ってます。

 

ということで、どうしても行政的には物流というライフラインを復旧させることが第一優先となってしまい、細かいところまでは行き届かない状況です。これもしかたがないことですが、何とかならないものでしょうか。無いものねだりなんでしょうか…。

 

今日もこのくらいで。

他にも書きたいことがありますが、明日は早朝から仕事に向かおうと思ってるのでこの辺りで締めときます。

豪雨災害についてダラダラ書く

この度の豪雨災害で被災された方へ改めてお見舞い申し上げます。

 

私達は広島県下にいながら幸いにも被害を受けていない立場であります。しかし、水をはじめとして物資に関しては、大被害を受けた三原市に比較的近い場所にあるため、煽りを受けて徐々になくなってきています。特に水は、三原のポンプ場が被災しほぼ地域全域で断水し(復旧しているところもあります)、東に位置する尾道市は三原からの水道供給を受けているため断水しています。私達の住まいも水道の水勢が弱まっている状況です。

 

私が務める会社はその三原市に位置しますので、操業が不能な状況です。水が使用できないため製造ができず、水害を受けた同僚もいますので、本日は限られた人数で出社し、出荷業務を停止する旨を客先に通知しました。

JRや道路も土砂災害などで分断され、今朝までは大渋滞が続いていました。復旧に尽力を頂いたためか、主要道路はかろうじて通行できるようになりました。しかし、先週末からの豪雨で物流はストップしており、運送会社各社は営業所から荷物を動かせないと聞いております。仮に従業員が出そろったとしても、全国的に復旧しなければ物流はほぼ麻痺状態が続くものと思われます。

 

豪雨から週が明けて出勤初日を経て、いろいろと感じることがありました。オチを付けるとかまとめるとか考えていないですが、自身の備忘録として、また見て頂いた方にとって万が一が起こった時の糧になっていれば幸いです。

 

 

〇「贅沢」は「保険」である

昨日、家族と出勤可能かどうか、ドライブがてら勤め先に向かいましたが、往復4,50分で行けるところが4時間近く掛かりました。あちこちの道路が土砂崩れなどにより通行止めで、通行可能な道に集中してしまった状態です。この時、「なんでエイプ(50cc)手放したんだろう」と思いました。(妻の通勤用に購入し、妻が妊娠した時に手放しました) バイクならスイスイ移動できたわけです。

また、そんなロングドライブの最中に「ウォーターサーバーが家にあるとこんな時に便利よね」と妻が言いました。現在近隣のスーパー・コンビニでは、水が棚から消えております。配達形式のウォーターサーバーなら、数か月の飲料水に困ることはありません。昨年、auショップで何故かウォーターサーバーを薦められて妻に「これでコーヒー飲んだら美味しいんじゃない?」と聞くと、「え、いらんじゃろ(必要ない)」の即答でした。見事な手のひら返しですw

そして本日、前日の大渋滞を経て、自転車で通勤することにしました。片道50分程度で多少疲れはしましたが、心地よい風を浴びながら通勤できました。が、なんとおかげさまで主要道路が完全ではないものの復旧し、夕方の退勤時間では渋滞などありませんでした。明日からは自動車通勤できるのですが…

この4月まで我が家は軽自動車2台持ちだったのですが、家計節減を目的に1台を手放しました。私が通勤に車を使い、妻が自転車を使う体制が基本なのですが、毎週火曜日は長女ひなこの空手の稽古がありまして、夜にあるので移動は車で行きたい状況。しかし、私は会社に出勤を命じられている身であり、この問題山積みな会社状況の中で、稽古の時間までに帰宅できる保証はありません。こうなると車が2台欲しくなるのです。

 

あらゆる贅沢を切り捨て、家計のために節減した結果が、有事の時に痛手になるといういい例です。保険とはまさにお金が必要なものということが身をもって知ることができました。ま、こればっかりは懐事情がありますので、金を掛ければいいってものでもなく、難しい話です。

裏を返せば、「金持ちは有事でも苦労しない」ということですね。うらやましっ

 

 

〇有事の時の経営層の振る舞いについて

正直、私の会社に対して言いたいことが山ほどあります。ク〇みたいな話が書いても書ききれない程ありますが、要約すると、、、

「経営層は有事の時、会社に座って様子を眺め、指揮を取れ」

ということを経営層に言いたいです。

社員は目の前の問題への対応に追われ、状況報告もままならないことです。この点から「どんな状況か」を指揮者である経営層自らが見極め、最適と思われる「指示を出す」ことと、状況を打開するための「対策の検討」することが復旧の近道だと思います。

情報収集から報告、全社への通知の提案、全社への通知、現場の対応、客先への連絡と問い合わせの対応…。これらを週末から私が携わりました。私が促さなければ上層部は意思決定すらしなかった。。。 正直言ってウンザリしています。

経営層は、こういう時こそリーダーシップを発揮すべきです。むしろこういう時だけでいい。こういう時にリーダー張れないならそんな経営者はいらない。確認や承認を得る必要があるだけ邪魔でしかない。

本日は自宅待機指示が出ていたけど、被災した同僚や顧客対応を考えて出社してくれた同僚がいました。彼らのその行動や気持ちが私のやる気を支えてくれています。復旧までは何とかモチベーションと社内の輪を維持していきたいと考えています。

 

 

〇支援の暖かさ

自転車での通勤時に見た、病院へ何やら搬送していた自衛隊車両、

通行止めを案内する警備員とや、道路や線路の復旧作業員の方たち、

土砂崩れの処理の残骸を片付けてくれている会社近隣の住民の方、

無償で飲料水、トイレ、入浴を提供してくれる三原周辺の施設や店舗、

自宅待機なのに水を確保して出勤してくれた同僚、、、

様々な支援が私の胸を熱くさせます。たくさんの支援に感謝致します。

皆様からの支援が一刻も早い復興に繋がるよう、私自身ができることに取り組んで行きたいと思います。

 

 

ホント、気に入らないのは会社の上層部だけですw

不貞腐れても何も生まれませんし身内のことですので、これ以上は抑えますw

また思ったことがあれば書くかもしれません。その時はお付き合いの程m(__)m

とにかく明日からも頑張ります!

 

↓HIKAKINさん、ありがとうございます!

youtu.be