ひなはづチャンネルの楽屋

ひなはづの父【スプレム】が待機中です。

<UP>【手遊び】ぐーちょきぱーでなにつくろ?

動画「【手遊び】ぐーちょきぱーでなにつくろ?」を公開しました!

youtu.be

 

今回は子どもらしく手遊びをしてみました。オチのネタは私達の年代向けですがw

 

 

そのオチのネタは、妻の身内の方で子どもの時にやっていたそうです。発想が面白いw

私たちの年代にはドンピシャなので、子ども達が大人に見せると恐らくウケるでしょう。お試しあれw

 

子どもYoutuberらしく、歌やダンスの動画も撮っていきたいですね。

著作権とかメッチャ気にしなくちゃいけませんが(-_-;)

 

ぜひご視聴・高評価、チャンネル登録お願いしますm(__)m
www.youtube.com

<UP>ご家庭での広島風お好み焼きの作り方!

動画「ご家庭での広島風お好み焼きの作り方!」を公開しました!

youtu.be

 

広島のソウルフード、我が家のフェイバリットメニューであるお好み焼きを作る流れを紹介します。

 

 

広島焼は、関西風と違って生地と具材が一体になっていないので「ひっくり返すのが難しい」と思われていますが、慣れてしまえば簡単ですよ? 生地の量や混ぜ方をコントロールしなければならない関西風の方が、美味しく焼くのは難しいと思うのですが…。 

 

返すコツやキャベツの切り方などもテロップに入れているので、ぜひ参考にして頂いて、自分のお好みに合ったお好み焼きの焼き方を見つけてみてください。

 

ぜひご視聴・高評価、チャンネル登録お願いしますm(__)m
www.youtube.com

<UP>2人の誕生日プレゼントを公開します!

動画「2人の誕生日プレゼントを公開します!」を公開しました!

youtu.be

 

はづきが8月、ひなこが9月と誕生日が続くので、夏休みと相まってこの時期はイベントラッシュです。なので、2人には申し訳ないですけど、誕生日プレゼントを用意するのは日取りをまとめてしまいますね(^^;

それぞれが欲しいものを買ってあげたので、2人とも満足している様子です。じーちゃんばーちゃんおじちゃんおばちゃん、みんなありがとう。おかげさまで健やかに成長しています。

 

 エンディングの「あっち向いてホイ」が1年前なので、そろそろバージョンアップしたいと思っています。今後のひなはづチャンネルにもこうご期待!

 

 

ぜひご視聴・高評価、チャンネル登録お願いしますm(__)m
www.youtube.com

 

 

 

台風21号の被害からBCPの本質を考えてみる

北海道地震および台風21号により被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。早期の復旧・復興を心よりお祈り致しております。

 

さて、その台風21号で関西空港が昨日を停止せざるを得ない状況になり、次のような指摘が挙がっています。

www.asahi.com

 

記事の内容からは、利用者への情報提供などが不十分であることも見受けられ、その点については関西空港側は改善すべき点だと思います。

気になるのは見出しにある「関空BCPで想定せず」というところ。これは語弊があるというか揚げ足取りというか。。。 関空側をフォローすると「想定外の大規模災害だった」という理解をしてあげても良いのでは…と思うのです。この部分に対しては記事にも「甘かった」という認識が関空にもありますので、真摯に受け止めているはずですし、今後のBCPの見直しが図られるでしょう。

 

 

BCP」という言葉を聞きなれていない方のために補足すると、「事業継続計画(Business Continuity Plan)」の略のことであり、例えば災害などにより事業ができなくなった場合の早期復旧や、そうならないための準備を計画する活動のことです。会社そのものを守る意味もあれば、顧客への製品・サービスの提供という社会的責任の継続を促すものでもあります。

東北の大震災の時からBCPの重要性が高まりました。原料の調達先が被災して、製造したくても製造ができないというケースがあらゆる業界で起きました。そこで、早期の復旧などの事前の構え=BCPが必要であると言われ始めました。

 

私の会社も漏れなく、BCPの策定が取引先から求められました。

その流れの中、当社のBCPマニュアルは私が作成しました。本来であるならば、より経営陣に近い職層が作成すべきものですが、我社のその層はこの手のことは手を付けようとしません。。。 就業規定を除くあらゆる規定類は私が作成しています。

 

 

そして、西日本豪雨災害が発生しました。幸いにも会社・従業員ともに被災はなかったのですが、断水により業務も生活もままならない日がしばらく続きました。

しかしこの時、事業の復旧に対して作成したBCPマニュアルは何の役にも立たなかったわけです。

ます"断水"を想定していなかったことが挙げられます。当社の製造は水を大量に使います。逆に言えば、水がないと何もできません。この状態で「事業の復旧」と言ってもどうしようもありません。

もう一点。連絡網の整備と運用が不十分だったことによる、災害明けの出社の判断・伝達が迅速に行えませんでした。私自身は緊急時の情報を取りまとめる責任者でありながら、全員の個人情報を有事に扱える権限がありませんでした。個人情報の吸い上げがなければ連絡網も作れないこともあって、中途半端な連絡網に内容は留まっていました。

 

そんなこともあって、豪雨災害から一息ついたところで、「BCPを見直ししないといけない」との声が上がりました。私を含め末端社員からですがねっ

 

 

話を関空の話に戻しますが、今回の災害規模は「想定外」だったのです。後手になるのは仕方ないと思います。

BCPは起こりうるリスクを想定することからはじまります。地震、火事、洪水などの自然災害もそうですが、伝染病のパンデミックにより従業員が動けなくなることで業務が途絶えることもあれば、テロによる攻撃被害もゼロではないわけです。あり得ないとは思いますが、隕石が降ってくることもあるわけです。リスクなんて挙げてたらキリがありません。

また、被災して被害規模が甚大であった場合、復旧には時間と資金も相当に掛かることでしょう。したがって本気でBCPに取り組む場合は、"可能な限りの復旧"あるいは予防のための予算を計画することになります。果たして利益を生み出すためではなく、万が一の保険のための予算を用意できる企業が世の中にどれだけあるでしょうか。。。もしかすると被害が最悪の場合は廃業の判断もあり得るわけでして。。。

 

そういうわけで、BCPの策定は非常に難しいわけです。五万とあるリスクに対しての復旧計画を作るなどナンセンスですし、"保険"のためにはお金がいるわけですから、製品やサービスの価格にその保険分を転嫁しなければならないはずです。今の世の中で、誰が値上げをOKという人がいますか?

記事の新聞記者が「万が一が起こっても復旧できるように、利用料金上げてもいいから使えるBCPにしろ」との主張があれば記事も頷けますが、記事の内容からは愛も理解もない批判だけにしか見えないです。

 

BCPは見直しを図り続けるべきという考え方があります。当社や関空は今回をキッカケにBCPの見直しを図ることだと思いますが、事が起こらなくても定期的に見直しすることが大事だと思います。

 

また、これは私の考えですが、BCPを策定する際は、行動規範や有事の際の責任者を決めるに留めるだけでもいいと思います。リスクは無数にあるし、被害の規模も発生しなければわからない以上、具体的な行動マニュアルを作成するのは困難です。

 

実際に豪雨災害を受け、最も重要なのは「人間力」でした。社員の安否確認、事業の復旧、断水している家庭への援助など、考え・行動するのはそれができる人達だけでした。

取引先や同僚の家族までを意識して行動することができる人間を、有事の際の中心人物にする仕組みがあれば、何とかなっていくものだと思いました。そういう人材の見極め・育成することこそBCPなのかもしれません。

 

事業を継続できるのは顧客があってこそです。製品・サービスを提供する企業の本質とBCP策定の理由付けは、まったく一緒なのではないでしょうか。

都合がいいように動くアメーバなんて存在するか?

企業における経営陣は、脳みそだったり心臓だったり、まさに身体でいう核の役割だと思います。

末端の手足という従業員に、脳から「このように動け」という命令や、設備投資やベアなどの資金という血液を送るからこそ、企業という身体は動き、成長していきます。

 

その脳みそや心臓が、考えるのをやめたり血流を止めたらどうなるか。

それは「お前らそれぞれが経営意識を持って動けよ」と指示命令という脳の役割を放棄することと、「コスト削減が優先だ。今、金というエネルギーは補給しない」と適切な内部投資をしないということ。こういうことは企業にとってよくあることです。

 

命令が無く、栄養も届かないと末端はどうなるか。

慣れた業務は、脊髄反射で対応できるが、その先に求められる複雑な作業はできない。

栄養や酸素が行き届かなければ、そのうち疲弊し動けなくなる。。。

 

企業は人間と同じだと思います。指示と適切な投資で成長しなければならない。

経営陣が望む、社員まで経営意識を持つとか、アメーバ型の企業とか、従業員の視点では‟脳みそや心臓が役割の放棄を宣言した"としか受け取れないのです。

単細胞生物が、人間に進化することを考えられると思いますか? そんなものが成長・増殖したとして、まともな生物になると思いますか?

経営陣は従業員に期待し過ぎない方が良いです。手足は、細胞は、命令や栄養が無ければ動けないのです。会社という自分のもう一つの体にとって、自身が脳であり心臓であることを認識し、その役割の放棄は廃業・倒産という企業の"死"に繋がると考えて頂きたいです。

 

置かれた立場が違えば、悩みや苦労の中身も違う。

私のボヤキは経営層の方にとっては理解し難いものかもしれません。従業員という立場の人にはわかってもらえるのかな?

<UP>ジューシー&衣サクサクのからあげ作ったよ!

動画「ジューシー&衣サクサクのからあげ作ったよ!」を公開しました!

youtu.be

 

 

たまたま見たテレビ番組で、美味しそうなからあげを作っていたので、それをマネして作りました。これがほんのチョットの工夫でメチャクチャ美味しくなるから、皆さんもぜひ試してみてください。きっと「これからは絶対コレやろう」と思いますよ♪

さて、今回はひなはづ&とーちゃんで作ったけど、かーちゃんは作ってくれるのか…。

 

 

 

ぜひご視聴・高評価、よろしくお願いします!

チャンネル登録お願いしますm(__)m
www.youtube.com