ひなはづチャンネルの楽屋

ひなはづの父【スプレム】が待機中です。

10年業務やってるリーマンのISO9001講座 ④内部監査

 9.2 内部監査

9.2.1  組織は、品質マネジメントシステムが次の状況にあるか否かに関する情報を提供するために、あらかじめ定めた間隔で内部監査を実施しなければならない。

a) 次の事項に適合している。
 1) 品質マネジメントシステムに関して,組織自体が規定した要求事項
 2) この国際規格の要求事項
b) 有効に実施され,維持されている。

9.2.2 組織は,次に示す事項を行わなければならない。

a) 頻度,方法,責任、計画要求事項及び報告を含む,監査プログラムの計画,確立,実施及び維持。監査プログラムは,関連するプロセスの重要性、組織に影響を及ぼす変更、及び、前回までの監査の結果を考慮に入れなければならない。
b) 各監査について,監査基準及び監査範囲を定める。
c) 監査プロセスの客観性及び公平性を確保するために,監査員を選定し,監査を実施する。
d)監査の結果を関連する管理層に報告することを確実にする。
e) 遅滞無く、適切な修正を行い、是正処置をとる。
f) 監査プログラムの実施及び監査結果の証拠として,文書化された情報を保持する。

 

 簡単に説明すると、

・組織はあらかじめ定めた間隔で、内部監査をすること。

・内部監査は、1)自分達の組織のルールに則って運用されているか、2)ISO9001の要求事項に適合しているか…についてチェックすること。

・内部監査のプログラム(=計画)を策定すること。内容はa)を網羅すること。

・監査の基準や範囲を決めて実施すること。すなわち「今回は○○を重点的にチェックする」など、部署や製品・サービスを限定することもOK。(必ずしも全社を監査する必要はないということ)

・内部監査は、その能力を持つ監査員を選定して実施すること。

・監査の結果は管理層に報告すること。

・監査の結果、不適合や改善すべき事案が発見された時は、速やかに適切に是正すること。

・監査のプログラムから監査結果や是正処置まで、内部監査の記録は文書で記録を残すこと。

という感じです。

 

 

私の会社を事例として、内部監査をどのように実施しているかを説明すると、

 

内部監査は年に2回行うようにしています。(9.2.1)

 

当然、社内の規定や手順に則って業務を行っているかと(9.2.1a-1)、ISO9001の要求事項に適合しているかの確認を行います。(9.2.1a-2)

 

10年以上ISO9001を運用しているとa-2は当然適合しているはずなので、ここに貴重な時間を割くよりも、前回の内部監査や顧客監査で受けた指摘事項に対して改善の活動を行っているか(9.2.2a)など、PDCAが推進されているかという点に注力する方が有意義な内部監査になると思います。

 

2,3年前までは、内部監査は部署を選定して行っていましたが(9.2.2b)、人と言うのは監査の緊張感が間延びすると手抜きをしがちになるので、最近は1日掛けて全部署を対象に実施するようにしています。

 

私の勤め先には、明確な品質保証部門が存在しません。第3者視点で社内を監視する部門がないわけなので、全部署が自分の部署以外の部署を監査するようにしています。ISO認証機関が開催するセミナーを受講したものを内部監査の監査員資格者とし、資格者から内部監査についての知識を学んだものも監査員の資格者としています。(9.2.2c)

 

内部監査の運用状況としては、

ISO事務局(=私)が内部監査プログラムを作成しています。日程調整、監査部署の組み合わせ、監査時の重点項目などをプログラムに盛り込んでいきます。

プログラムが承認されると全部署に配布して、監査当日に活用する監査チェックシートを部署ごとに作成してもらいます。部署毎に主任監査員を選定してもらい、チェックシートの作成責任や監査時のリーディング、監査報告の責任者になってもらいます。

 

 内部監査を実施した後は報告書を作成します。報告書は監査先である部署にまず公開し、"監査で確認された事項が間違いなく記載されているか"の相互確認を取ります。あること/ないことを報告書に記載しないための行為です。確認が取れたら管理責任者へ提出します。(9.2.2d)

 

監査時に不適合などが検出されたら指摘し、報告書にも記載し、日限を決めて是正を促します。(9.2.2e) 大きな逸脱行為が検出されることはないので、「もう少しここをこうすると良くなるのでは」という、第3者視点でのアドバイスである"改善の機会"について報告書に記載するようにしています。改善の強制力はありませんが、アドバイスについて取り組めば組織がまた一歩前進するわけなので、重箱の隅をつつくようなことでもドンドン指摘するような風習作りを心がけていますw

これらの記録は紙媒体とデータで残すようにし(9.2.2f)、今後の活動に役立てるように取り扱っています。

 

…というように、引用文の要求事項にモロ当てはまるような形で内部監査を運用しています。

品質保証部門のような第3者的役割が組織にあれば、監査員はその部門が行えばシンプルです。監査対象となる業務部門の"監査の準備をしなければならない"という負担も生まれません。

私の会社のように、業務部門も監査役になることのメリットは、自分達以外の部門を見ることで、組織全体の繋がりを内部監査をキッカケに把握できることが挙げられます。中小企業ではこのような取り組み方をされる会社が多いのではないかと思います。

 

 

内部監査の成功は、どれだけ第3者視点で監査できるか…という点がキモだと考えます。身内に甘くなる、あるいはトップからの指示のまま従うという状態が続けば続くほど、社会的な問題に発展するものです。

response.jp

trafficnews.jp

組織の利益を追求したいのは理解できますが、安心・安全・高品質が約束されない組織から世間が離れていくのは当たり前です。利益どころか企業の存続も危ぶまれます。

 

経営層を含め管理層の皆様には、まず"風通しの良い組織環境づくり"に力を注がれることを強く進めさせて頂きます。異論・反論を受け付けない雰囲気では、活発な意見交換はできなくなり、組織に甚大な被害を与えるかもしれない報告がなされなくなる可能性だってあるわけです。

組織を俯瞰的に見る目が増えれば、不正・不具合の是正ももちろん、成長のチャンスを見つけることも増えるわけです。活発な意見交換がなされる内部監査の運営を、皆様もぜひ心がけてみてください。

出勤時はお弁当 #62

おはようございます。サラリーマンが自分でお弁当を作った写真です。

f:id:splem:20190619064622j:plain

<今日のメニュー>

・肉じゃがの残りで作ったカレー

・目玉焼き

※調理時間 約15分

 

洗い物が増えるのが嫌なので、鍋に油を敷いて目玉焼きを焼いた後に、そのまま残り物の肉じゃがを投入、小麦粉とカレーペーストを入れて適当に調味料で味を整えてカレーの完成です。

肉じゃがの残り物アレンジでカレーってよく聞くのですが、今まで家庭の中でやったこと/やられてみたことがなかったので、実際に美味しいかやってみました。冷蔵庫に"いつものカレー"であるジャワカレーの固形ルーが残ってるかなぁと思っていたのですが、見事になかったので、冷蔵庫にあるものでカレーにしてみました。肉じゃがカレーが美味しいものなのか、いつものカレーの味がベースでないので、明確な比較ができないのが残念です。

 

糸こんにゃくとカレーが合うのかが気がかりです。

 

 

メインチャンネル<ひなはづチャンネル>のチャンネル登録もよろしくお願いします!

www.youtube.com

出勤時はお弁当 #61

おはようございます。サラリーマンが自分でお弁当を作った写真です。

f:id:splem:20190618071912j:plain

<今日のメニュー>

・妻謹製 肉じゃが(残り物)

・玉子焼き

※調理時間 約15分

 

 

「肉と野菜を一緒に食べるおかずはないか」という妻からの問題提起がありまして、「最近肉じゃがを食べてない」という回答をしたところ肉じゃがになりました。子どもがあまり食べないからという理由で敬遠していたらしいですが、何しても食べない/残すのならバランスが取れていたら何だっていいと思ってます。

 

子どもには成功体験が重要だと思います。具材を小さくしたりして苦手なものでもちょっとだけでも食べれた体験を、ごはんや汁物を少なめによそいでおかわりできた体験をさせることが、子ども達の食べ物を残さず食べることに繋がるのではないかと。

今朝炊いたごはんで、朝ごはんにおにぎりを作りました。2口くらいで食べれる大きさにしました。パクパクっと食べて足りなかったらもう一つ食べばいい大きさにする。大きなおにぎりだとおかわりしてお腹いっぱいになったら残すことになり、「もったいない!残さず食べなさい!」と怒ってしまうという負の連鎖に陥ります。

相手に合わせるということは、相手の成長に繋がりますが、成功体験の共有にも繋がるので精神的にもみんな穏やかになるものです。情けは人の為ならずってヤツですね。

 

 

メインチャンネル<ひなはづチャンネル>のチャンネル登録もよろしくお願いします!

www.youtube.com

出勤時はお弁当 #60

おはようございます。サラリーマンが自分でお弁当を作った写真です。

f:id:splem:20190617071625j:plain

<今日のメニュー>

・残り物 タコ焼き

・タコのみ焼き

※調理時間 約15分

 

昨夜はタコ焼きパーティーでした。パーティーといっても誰かを招いたわけではなくて、自分たちでタコ焼きを焼いて食べただけです。タコ焼きを焼くだけなのにパーティー感が出るタコ焼きって何なんでしょうね。

具材が残ったので、たまごと小麦粉と水を入れてさっくり混ぜて、玉子焼き器で焼いたお好み焼きを作って、お弁当箱のスペースを埋めました。タコのみ焼きといってもキャベツと青ネギが入っているので、タコのみではありません。

 

 

メインチャンネル<ひなはづチャンネル>のチャンネル登録もよろしくお願いします!

www.youtube.com

<UP>ぐるり森 スモッグに勝つ!ボタンをたたくコツもひなこが伝授!

動画「ぐるり森 スモッグに勝つ!ボタンをたたくコツもひなこが伝授!」を公開しました!

youtu.be

 

 

前回のぐるり森の動画でコメントを頂いておりまして・・・

hinahazu.hateblo.jp

まだ1回しかぐるり森のバトルで買ったことないのですが、コメントの人は私たちが遊んでいるみろくの里のぐるり森で5割近い勝率を出している様子。アドバイスにある"ボタンのたたき方"が勝利のカギのようです。

確かに<ひなこ>がたたく時は、筐体の画面にヒットエフェクトが途切れることなく出ているので、たたき方にコツがいるのは間違いないようです。

 

そして見事に<ひなこ>がバトルに勝利! 動画にアドバイス貰った次のぐるり森で勝つとか、持ってるなーww

 

動画の最後に<ひなこ>のアドバイスもあるので、ぜひ皆さんもぐるり森のバトルの参考にしてみてください。

 


<ひなはづチャンネル>のチャンネル登録をよろしくお願いしますm(__)m
www.youtube.com

土曜日の朝食

料理ブログではないですが、メシ画像が多くなっている今日この頃です。

ISO9001のこととか退職エントリーを書きたいのですが、そういう記事って時間を掛けて書きたいし/掛けなければいけないし、、、なので、簡単に書ける日記と言えば画像付きメシ日記です。

 

というわけで今日の朝食です。タマゴサラダだけ私が作りました。一度作って美味しかったら何度でも作るという、田舎のおばあちゃんのようなルーティンです。

f:id:splem:20190615121942j:plain

一度作って美味しかった、参考にさせて頂いたのはコチラ↓

たまごサンドのレシピ。プロが教える美味しいサンドイッチの作り方。 | やまでら くみこ のレシピ

で、たまねぎのみじん切りを炒めたものも和えました。子ども達も食べると思って、たまねぎは細かく切りました。

 

f:id:splem:20190615122038j:plain

妻がホームベーカリーで焼いたパンをトーストして、マヨネーズを塗り…

 

f:id:splem:20190615122030j:plain

レタスどーん

 

f:id:splem:20190615122023j:plain

ハムと上述のタマゴサラダどーん

 

f:id:splem:20190615122015j:plain

トマトどーん

 

f:id:splem:20190615122003j:plain

はさんでサンドイッチの出来上がり。

断面写真?包丁洗うのめんどくさいので撮りません。

 

茶店のサンドイッチの味です。うまし!

レシピをアレンジして玉ねぎを入れたのですが、食感があまり感じれませんでした。タルタルチックになると期待したのですが。。。

玉ねぎ食感が少ないということは、子ども達にも食べやすく仕上がったと思ったのですが、ほとんど口にしてくれなかったというorz コヤツら何を食うんじゃ。。。

 

参考レシピのタマゴサラダは本当に美味しいのでお試しください。

タマゴスライサーが無くても包丁でイケますっ

 

プラスチックに関する食品業界の"縛り"と周辺環境のギャップへの違和感

私は食品に関係する職場に勤めています。適用法令や業界の指針、ユーザーからの食品の品質・安全に関する要求は年々厳しくなっています。消費者の立場に立つと、当然いいことと受け止めれます。メーカーの立場に立つと、作るモノに対する管理コストが増加しているのが実情ではないでしょうか。最近の値上げラッシュに対して消費者の皆様には、その辺りを理解して頂けたらありがたいなぁと思っています。

 

お金の話はさておき。

 

 

食品業界を取り巻くプラスチックに関することで、業界と周辺環境にギャップを感じている私です。

そのギャップは何かというと、メーカー側は衛生面を担保するためにプラスチック製品の使用を求めている点があるのに対し、世界的にはプラスチック排除の動きがある点です。

具体的に何かというと輸送用のパレットに使われる素材への要求です。

www.google.com

大きいモノや大量にあるものを、フォークリフトでまとめて移動できるようにするための運搬ツールです。リカーショップやドラッグストアなどで見かけることが多いと思います。

 

パレットは木製やプラスチック製が主流です。最近ではスチール製や紙製なども台頭してきたみたいです。

食品メーカーでは、木製パレットによる搬入を受け付けない会社が多いです。私の勤め先も原則その対応をしています。

それはなぜか?

 

木製だと破損や腐敗の可能性が高いためです。虫が住処とする場合もあります。食品工場に木製パレットを持ち込んだ場合、異物や汚染の原因を持ち込むことになるため、原料の受け入れ時点から木製パレットを受け付けない=プラスチックパレットによる納入を供給者に求める・・・というのが食品業界の通例です。

※リサイクルパレットといって、廃プラスチックを再利用したプラスチックパレットもありますが、それすら受け付けない企業まであったりします。

 

外国に輸出入する時には木製パレットは燻蒸処理していることが要求されている国もあります。病原菌を運ぶことによって受け入れた国にない病気が蔓延したり、虫などもくっ付いていると他国で繁殖した場合は生態系を壊す可能性が考えられます。それらを回避するため木製パレットは燻蒸処理が’要求されています。

貿易上の制限がある点から言っても、食品業界が木製パレットを敬遠したいことが理解できると思います。

 

 

ところで、

近年、「マイクロプラスチック」が問題となってきました。

ja.wikipedia.org

プラスチック素材は紫外線で劣化します。ひと昔前の駐輪場の屋根とか、塩ビ製の波板が良く使用されていると思います。長年使用していると脆くなって、台風とか来た時にはバキバキバキーッと剥がれてしまってるのをよく目にすると思います。あのような感じでプラスチック素材は劣化していくと最終的には粉々になってしまいます。これら微小になったプラスチックを「マイクロプラスチック」と呼んでいますが、、、

プラスチックは生分解しません。つまり、自然に帰らないのです。そのためwikipediaの説明にあるように、ごく小さなプラスチックが最終的に海に流れ込み、生態系に影響を与えているのではないか・・・と言われています。

 

「マイクロビーズ」というものをご存知でしょうか? 洗顔剤にスクラブが使われている製品がありますが、そのスクラブは近年まで天然性のものではなく、プラスチック系素材が多く採用されていました。生分解しないため、ゴミのまま残ってしまいます。アメリカの五大湖で大量のマイクロビーズが蓄積されたことをキッカケに、アメリカを発信源として、化粧品業界は世界的にプラスチックビーズの使用を全面禁止に向かっているという経緯もあります。

 

そこで、脱プラスチックに向けて様々な業界が動き始めました。生分解性プラスチックの開発を進めたり、これまでの製品を生分解する物質に代替えしたりしています。

www.bbc.com

化粧品業界でも、スクラブ剤は天然由来のものを使用したり、生分解する素材でスクラブを製造したりと、マイクロプラスチックをまずは減らしていこうとする動きが確実にあります。世界は良い方向に向かっていますねぇ。

 

 

それで、ですよ。

なぜ物流におけるパレットに関してはプラスチックでなければNGとされ、直接口にするストローが腐敗や劣化しやすい紙への置き換えがOKなのか、、、というダブルスタンダートのような状況に違和感を感じているのです。

食品への安心・安全への取り組みは必要なのは理解できます。ならば、パレットもプラスチックなわけですから、代替素材への切り替えが推進されてもいいはずです。

しかし、大手メーカーからの要求は「木製パレットNG」というフレーズばかりです。原料供給者である川上側には衛生面強化の一環ダーとかでプラスチックパレットを要求し、店頭に並ぶものは腐敗するかもしれない紙製でOKとか、、、自分たちの都合のいいことばかり話題に取り上げられているのが気にくわないのです。

※ス○バをはじめとした、生分解性素材に代替えを推進しているユーザー(=販売者)批を判しているわけではありません。

 

物流資材メーカーの中には、紙や鉄性のパレットを製造・販売している企業が何社かあります。大手メーカーや大手流通には、環境配慮に対して業界をリードしていく動きを見せて欲しいです。